モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは??

イタリア初の女性、医学博士であり教育学者であったマリア・モンテッソーリ(1870~1952年)が創案したのが「モンテッソーリ教育」と呼ばれる教育法です。

モンテッソーリ教育は生活・感覚・数・言語・文化という5つの領域に分かれています。
子どもが主体であり大人はその子どもの成長のお手伝いをする役割であり、子どもに何かを学ばせようと決めてやらせるのではなく、子どもから出てくる要求にこたえられるような環境を大人が準備して子どもに任せてあげるという姿勢こそがモンテッソーリ教育法の土台です。
モンテッソーリ教育法にはモンテッソーリ教具に自ら取り組む事で自然と生活に必要な数理や言語の知識が身につきます。また、異年齢の中で子ども同士の慈しみが生まれ豊かな人格形成が育成されます。
本園は1975年頃よりモンテッソーリ教育法を導入し、確信と信念をもってこの教育に取り組んでいます。

モンテッソーリの環境の準備は、
  • ◎日常生活の練習・・・

    生活に必要な全ての事柄を自分で出来るように導きます。

  • ◎感覚教育・・・

    感覚を洗練し、数量の概念や思考力を育て、知的教育の基礎を培います。

  • ◎言語教育・・・

    話しことばで、語彙を豊かにし、書く、読む、文法へと導きます。

  • ◎数教育・・・

    具体物を用いて、量→数詞→数字の一致から加減乗除の仕組み、
    暗算など抽象の世界へと導きます。

  • ◎文化教育・・・

    歴史、地理、生物、宗教、芸術など子どもを取り巻く世界を紹介し、 特に生命の不思議な営みに触れます。